ページトップへ

ボランティア

ボランティアとは・ボランティアセンターの役割

  • 社協ボランティアセンターはボランティアに関する様々な業務を行っており、ボランティアの「活動の拠点」となっています。
  • (1)ボランティアの相談窓口
  • ボランティア活動に興味がある方や活動したい方への活動先など、様々なボランティアに関する相談の窓口を設けています。
  • (2)講座・研修会の開催
  • ボランティア活動に関する各種講座や研修会を開催しています。
  • ・各種ボランティア講座
  • ・ボランティア交流会
  • ・防災ボランティア研修会
  • (3)福祉教育の支援
  • ボランティア活動普及事業協力校への支援や総合的な福祉学習へのボランティア派遣、福祉教育教材の貸出等を行っています。
  • ■児童生徒のボランティア活動普及事業
  • 小・中・高等学校を対象に社会福祉の理解と関心を高め、ボランティア活動の実践、社会連帯の精神を養成するため協力校を指定し、福祉学習の取り組みを支援しています。
  • ■小・中学生福祉体験学習の開催
  • 小・中学生を対象に、福祉体験を通して、他人の立場や気持ちを考え、思いやりの心に根ざした人間的な生き方の大切さや、社会福祉への理解と関心を高めるために開催しています。
  • ■福祉教育教材の貸出
  • 次の福祉教育機材の貸出を行っています。
  • ・車椅子
  • ・アイマスク
  • ・白杖
  • ・高齢者・障害者疑似体験セット
  • (4)ボランティア活動保険
  • ボランティア活動中の事故に備えて、ボランティア活動保険の加入受付を行っています。
    ボランティア活動中におこる様々な事故からボランティアの方々を補償する保険です。
    保険は年度ごとに加入・更新になりますので、ボランティア活動をされる方は保険加入をおすすめします。
  • 1.補償期間 1年間(4月1日~翌年3月31日まで)
  • 2.掛け金  基本Aプラン350円から
  • (5)その他
  • ボランティア活動の啓発や各種助成金の情報提供等を行っています。
  • ボランティアって?
  • ボランティア活動は、難しいことでも特別なことでもありません。
  • 自ら進んで地域社会をよりよくするための活動です。
  • 自分と同じ社会の中で生きる人々がみんなで支え合い助け合って住みよい豊かなまちづくりを進めましょう。

ボランティア4原則

自発性・自主性 他から強制されたり義務としてではなく、自分の意思で行う活動です。
無償性・非営利性 金銭的な報酬を期待して行う活動ではなく、お金では得られない出会いや発見、感動、喜びを得ることができる活動です。
連帯性・社会性 誰もがいきいきと豊かに暮らしていけるように、お互いに支え合い学びあう活動です。
先駆性・開拓性 今、何が必要とされているかを考えながら、よりよい社会をみんなの手で創る活動です。
相談・登録・紹介 ボランティア活動をしたい方やすでに活動している方の相談・登録・紹介をします。
情報の収集・提供 ボランティア活動状況などの資料を集め、あらゆる情報を提供(広報紙発行など)します。
講座・研修の開催 ボランティアに関する講座や研修会を開催します。
調査・研究 ボランティア活動に関する調査や課題の研究をします。
ボランティアグループの育成 ボランティアグループへの活動支援やグループ連絡会の事務局を担当しています。
三好市ボランティア連絡協議会

ボランティア登録・募集

体験学習

  • 社協職員や地域のボランティアの方等を学校へ派遣し、ボランティア・福祉教育のお手伝いをしています。障害のある方のお話や車いす体験、高齢者擬似体験等を通して、地域の福祉について考える機会をつくっています。

貸出物品

  • クリックすると貸出物品一覧表をご覧頂けます。

ボランティア活動保険

  • ボランティア活動中の様々な事故によるケガや賠償責任を補償
  • ボランティア活動中に、ボランティア自身がケガをしたり、他人の物を壊してしまったり、ケガをさせてしまったりと不慮の事故にみまわれることもあります。
  • 「無償の活動だから責任を免除される」ということはありません。そんな時のために「ボランティア活動保険」が役立ちます。
  • 年間の保険料
  • 基本タイプ…Aプラン:350円
  • 基本タイプ…Bプラン:510円
  • 天災タイプ…Aプラン:500円
  • 天災タイプ…Bプラン:710円
  • 年度ごとの更新になりますので(※中途加入も年度扱いとなります)、3月末日で補償期間終了となっています。更新の手続きをお忘れないようご注意ください。
  • 【お問い合わせ先】三好市社会福祉協議会 各支所まで

災害時におけるボランティア活動の推進

  • 災害時のボランティア活動は、1995年の阪神・淡路大震災や2004年の中越地震等を契機に全国各地に広がりました。と同時に、数多くのボランティアが集まることから、災害時に対応できる「災害ボランティアセンター」の設置や運営が求められるようになりました。
  • 三好市では、三好市地域防災計画のなかで、被災後の応急処置を迅速かつ的確に実施するために三好市社会福祉協議会(以下、「社協」という。)と連携し効果的なボランティア活動が行えるよう支援する必要があるとし、被害の状況に応じて、社協内にボランティアセンターを設置するとともにボランティア受け入れ窓口を開設し、被害状況やボランティアニーズなどの情報提供を行うこととしています。これを受けて社協は、災害時のボランティア活動が円滑に展開し、被災者支援や早期復旧活動がすみやかにできるように、ボランティア連絡協議会、赤十字奉仕団、登録ボランティア団体・個人などとの連携をとりながら、三好市災害ボランティアセンターを設置・運営することとしています。
Copyright(c) 2013 miyoshi city council of social welfare All Rights Reserved.